コミュニケーション

【マネジメントに悩みの方必見】マネジメントに困ったときに読む 本 おすすめ ”3選”

こんちゃ!!
今回は、自分が”管理職”として人をマネジメントする立場になったときに、読んでよかった!!

と心から思った”本、3選”紹介します!!

◆まあきについて◆

自分のことを簡単に説明
知ってるor興味ない人は飛ばして本文に入ってくださいね涙

新卒でドラッグストア就職

半年で”副店長”に昇格

その2年半後このままだと何もない人になってしまうと思い
”未経験”で営業職の世界へ踏み込む

未経験から約8ヶ月でリーダーに昇格
┗ここから本格的にマネジメントに携わる。

てな感じです!
ここのマネジメントに携わったときに
困ったり悩んだこと

  • 部下との関わり方
  • 自分のチームの作り方
  • なんでも自分がやらなきゃと思っていた

この3つを解決に導く考え方になった本を紹介!* ̄m ̄)

こんなことに悩んでる方におすすめ

◆部下との関わり方がわからない
◆チームってどうしたらできるのかわからない
 ┗自分のチームの作り方
◆どういうリーダーを目指せばいいの?
 ┗なんでも自分がやらなきゃと思っていた

これから紹介する本を読んで後悔はさせないです!
さらに、小難しい文章ではないのでかなり”読みやすく”なってるのもおすすめする要因一つ!

マネジメントに困ったときにおすすめの本”3選”

部下との関わり方に困ったとき

ヤフーの1on1
〜部下を成長させるコミュニケーションの技法〜
作:本間浩輔


ヤフーの1on1 部下を成長させるコミュニケーションの技法 [ 本間 浩輔 ]

◆部下との関わり方がわからない
┗1on1のやり方重要性を知ること

学べる内容

  • 1on1ってよく聞くけどどういうふうにやればいいんだろ
  • 適切な回数は?
  • どんな内容を話せばいいの?

などなど
部下とのコミュニケーションのやり方”1on1”
作者がなぜこのような取り組みを始めたのか
を学ぶことができます!

自分は、部下とのコミュニケーションが苦手になってしまってた
1on1を行ったいたが、正直進め方に自信がなかった
そんな、自分が救われた本です!
 

自分のチームの作り方に悩んだとき

今いるメンバーで「大金星」
 を挙げるチーム法則
 【ジャイアントキリング】の流儀
 作:中山 進也


今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則ーー『ジャイアントキリング』の流儀 [ 仲山 進也 ]

◆チームってどうしたらできるのかわからない
 ┗チーム、グループの作り方
  チームが出来上がるまでの段階を知る

学べる内容

◆人気漫画”ジャイアントキリング”のチームビルディングを参考に
 チームの考え方、作り方を学べる本

※ジャイアントキリングとは? 
主人公”達海 猛(たつみ たけし)”
がサッカーチームETU(East Tokyo United)というチームの監督に就任し
弱小チームで勝ち上がっていく漫画→まあきおすすめの漫画です笑

◆チーム形成のプロセスは4つのプロセスを辿る
 

  • フォーミング(形成期)
  • ストーミング(混乱期)
  • ノーミング(規範期)
  • トランスフォーミング(変態期)

実際”達海”は、どのようにして上記4つのプロセスを辿り
ETUをグループから1つのチームにしてまとめていったのか
具体的な施策を漫画の場面と照らし合わせ説明してくれる。

自分はチームとはどういうものなのかなんとなく
イメージはできていたが、実際チームとは?どう作る?
ってのは、正直知らなかったので 作り方の参考になりました。

なんでも自分がやらなきゃと思っていたときに

宇宙兄弟
 「完璧なリーダー」は、もういらない。
 作:長尾 彰


宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。 [ 長尾 彰 ]

◆リーダーとはどうあるべきか
 ┗リーダーって完璧でなければいけないのか?
 ┗リーダーの形は他にもあるのではないのか・・・?

学べる内容

◆リーダーの種類を大きく分けて”2つ”のタイプに分けて説明
 ┗「宇宙兄弟」の主人公と別のキャラのタイプの違うリーダーを
  物語の内容を分析しながら紹介

◆”賢者風リーダー”と”愚者風リーダー”
・賢者→”優等生タイプ” 先頭に立って全員を率いているようなタイプ
 ┗簡単にいうと みんなが思っている”リーダー像”
 ┗”しんどい”が伴う

・愚者→賢者と違い”優秀そう”には見えないタイプ
 ┗先頭に立って引っ張るタイプではなく”チームや相手の意見を聞きたがるタイプ”
 ┗指示・命令ではなく ”どうしたい?”や”こうしてほしい”というニュアンスが多い。

といったようにリーダーとは?ということを”宇宙兄弟”の話をもとに
書かれている本です!
自分は、前職の時は”愚者タイプ”のリーダーであったが
今の会社は、数字にコミットしなければいけないので
”賢者タイプ”になっていて、なんでも”一人”で解決して”失敗”を見せてはいけない
という、思考に陥ってたことに気づきました。

そのお陰でコミュニケーションのやり方を変えていくきっかけになりました(* ̄m ̄)

まとめ

・自分が、マネジメントに悩んだときに
 本当に読んで良かったと思う本を”3つ”紹介しました!
 どれも本当におすすめで、”何かにつまづいたときに”何かを気付かせてくれる
 大事な機会となりました!

 どれも本当におすすめなので 1度是非読んでいただきたいです!!!!

ばあい

-コミュニケーション
-

© 2021 まあきブログ Powered by AFFINGER5